スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンパーニュとカッティングボード

20120129_2.jpg
週末、初めてカンパーニュを焼きました。
中身はくるみとクランベリー&レーズン。
ちょっとだけ焦げたけど、
初めてにしてはよくできたんじゃないかと思います。
次はもっとパリっとクープが開くといいな。
ハード系のパンが好きなので、
カンパーニュ作り、はまりそう~!


そういえば。。。
パンをよく焼くようになって、
カッティングボードを新しく買いました。

ストウブを乗せるのによく使っている
シッティングボードと同じシリーズのもの。
このシリーズは丸みを帯びた温かみのあるデザインで、
どんな料理や食卓にも馴染むところがお気に入り。
使い込むほどに独特の風合いになっていくのも無垢ならでは。

名前の刻印が無料でできるのもうれしい!


ヤマザクラの木の一枚板でできているのですが、
野田琺瑯のバターケースの木蓋もサクラだということが判明!
合わせて使うと本当にピッタリで、
一緒に使う度にひとりで悦に入っています。

カッティングボードをいい風合いにするためにも、
どんどんパンを焼いて、
ざくざくパンを切りたいと思います。



応援していただけるとうれしいです!
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア料理へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。
スポンサーサイト

新入りのストウブ


雪が積もった昨日の朝、
我が家に3つ目のストウブがやってきました。

新入りちゃんはラウンドの18cm。
お味噌汁とかを作るのにちょうど良さそうな、
コロンとしたサイズです。

お味噌汁やちょっとした煮物を作るときは、
いつもDANSKの片手鍋を使っていました。
片手鍋なので使いやすくて気に入っているのですが、
ホーローなので炒め煮なんかをすると、
鍋底に具材がくっ付いてしまったり、
ちょっと油断すると焦げ付いてしまったり。。。
やっぱり煮物などには不向きだと思うので、
ストウブの少し小さいサイズを買うことにしました。
これからDANSKは、
お味噌汁とか汁もの専用にするつもりです。

でもDANSKは見た目のかわいさはピカイチ♡


今日のランチはその新しいストウブを使って、
具だくさん野菜のミルクスープを作りました。
20120125_3.jpg
サイの目に切ったかぼちゃ、白菜、じゃがいも、
にんじん、たまねぎ、かぶ、ベーコンを
牛乳とブイヨンと一緒にコトコト煮込みました。
焼きたてのパンを浸しながら食べましたが、
野菜の甘みが口いっぱいに広がっておいしかったです。



新入りの18cm、
ラウンドの22cmやオーバルの29cmと比べると、
かなり小さくてかわいいです。
20120125_2.jpg
先輩たちに負けないくらい、
いい仕事をしてくれればと思います。

現時点での楽天最安値ショップはこちら!



応援していただけるとうれしいです!
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア料理へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。

ストウブ炊飯


ストウブでご飯を炊くようになって数カ月が経ちました。
安定してもっちり瑞々しいご飯が炊けるようになってきたので、
今日は覚え書きも兼ねて炊き方を紹介したいと思います。


<下準備>
(1)まずお米に冷たい新鮮な水を吸水させて、
すぐさまそのお水を捨てます。
(2)軽くなでるような感じでお米を研ぎます。
このとき、力を入れて研ぎ過ぎないように。
(3)研ぎ終わったら再度冷たい新鮮な水につけます。
ここで15分程吸水させます。
(4)この後、ザルにあげて水を切ります。
1時間程冷蔵庫に入れて冷やしながら水を切ってください。


<炊飯>
(1)ストウブにお米を入れて冷たい水を加えます。
生ぬるい水では絶対にダメです。
蓋をせずに中火で沸騰するまで火にかけます。
うちの場合は2合で8分くらい。
(2)沸騰したら一度、お米をすくうようにかき混ぜます。
蓋をして弱火で10分炊きます。
(3)10分経ったら火を切ってそのまま10分蒸らします。
(4)蒸らし終わったらさっくりと混ぜます。

お米の粒が立っているのが見えるでしょうか。
今日もふっくらもちもちとしたご飯が炊けました。
20120113_2.jpg
最初のうちはなかなか思うようなご飯が炊けませんでした。
固かったり、ぼそっとしていたり……。
「ストウブって評判ほどでもないな」と思ったこともありました。

それで、
銅鍋で炊いたとてもおいしいご飯を食べさせてくれる、
軽井沢のレストラン酢重正之に行ったときに
「どうしたらこんなにおいしいご飯が炊けるんですか?
ストウブで炊飯しているんですけど、
なかなか思うようなご飯が炊けなくて……」と、
スタッフの方に相談してみたんです。
すると、
「ポイントは水切りと温度差ですよ」と教えてくださいました。

要は炊く前と炊くときのお米の温度差が高ければ高いほど、
つやっとして甘みのあるご飯が炊けるんだとか。
水切りするときに冷蔵庫でお米をよく冷やして、
その後冷たい水で炊くことで
お米本来の甘みがぐんぐん引き出されるそうですよ。
教わったこの方法を取り入れてから、
ぐんとおいしいお米が炊けるようになりました。



ラウンドのブラックは売り切れ店続出……。
今日の時点でのラウンド22cmブラックの楽天最安値はこちら!
22cmだと4合まで炊けますよ~



よく友達に
「お鍋で炊くのって面倒くさくない?」と聞かれます。
たしかに少し手間はかかりますが、
慣れてしまえばそんなに気にはなりません。
我が家はもう電機炊飯器を手放してしまったので、
鍋で炊くことがあたりまえになっているせいかもしれませんが。
でも、鍋を火にかけている時間は約20分弱ですし、
アラームをセットしておけば
ずっと側に付いてなくても大丈夫だと思います。

電機炊飯器を違ってタイマー予約ができないので、
朝、炊きたてのご飯を食べるためには
少し早起きをしなければなりません。
その点が少し大変かもしれませんね。
でもストウブ炊飯をするようになって、
わたしは苦手だった早起きができるようになりました。
「起きないとご飯がない!」というプレッシャーのおかげかも(笑)。



ストウブで炊いたご飯は冷めてもおいしい。
おにぎりにするとさらにそのおいしさがわかります。
20120113_3.jpg
ついつい食べ過ぎてしまうので、
そのへんは注意しないと……ですけどね。



長くなりましたが
最後まで読んでいただきありがとうございました。
応援していただけるとうれしいです!
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア料理へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。

【クリスマスキャンプ】PICA富士吉田―2011.12.23~24―

20111227_8.jpg
1泊2日でPICA富士吉田にクリスマスキャンプに行ってきました!

宿泊を伴うキャンプは数ヶ月ぶり。
前回、北軽井沢での秋キャンプでの寒さに懲りてしまい、
今回はコテージを予約しておきました。ははは、弱っ!

秋キャンプの様子はこちらから

「【秋キャンプ】北軽井沢スウィートグラス―2011.9.25~27―前編」
「【秋キャンプ】北軽井沢スウィートグラス―2011.9.25~27―後編」


こちらがわたしたちが泊まったコテージ♡
20111227_4.jpg
このコテージ、フィンランド製なんですって。
それだけで無駄にテンションアップです( ´艸`)ムププ
外観も文句なくツボだったのですが、
エアコン完備でぬくぬく快適でした~!
でもあたりまえの話ですが、
料理や食事はウッドデッキで……だったので、
やっぱり朝晩はめっちゃくちゃ寒かったです。
料理も作ったそばからどんどん冷めていくという……。
まぁ、気温は氷点下を切っていたようなので当然ですよね。

でもでも。
テントサイトもたくさんのキャンパーさんたちで賑わっていましたょ。
20111227_5.jpg
皆さん、強いですね~。
心から尊敬しますっ!



クリスマスキャンプということで、
料理もクリスマスらしいものを作ることに。
メニューは、
●渡り蟹のトマトクリームスープ●
●塩豚のローストポーク●
●自家製バゲット●
●グリーンサラダ●

今回も2台のストウブちゃんたちが大活躍!
20111227_1.jpg
渡り蟹のスープは2時間近くコトコト煮込みました。

ローストポークは塩漬けした肩ロースをストウブに焼き付けて、
焦げ目がついたら野菜とハーブを入れ、
白ワイン、塩こしょうをひとふりして蓋をするだけ。
20111227_2.jpg
弱火で30分蒸し焼きすれば出来上がりです!
肉汁にお醤油、水で溶いたコーンスターチを加えて作った、
熱々のグレービーソースをかけていただきます。

お肉はほんのりピンク色で、
しっとり柔らかくできました。
付け合わせのにんじんがすっごく甘くておいしかったです!
20111227_3.jpg
渡り蟹のトマトクリームスープは、
今まで作った料理の中で一番!と言っていいほど、
本当に本当においしくできました♪
やっぱり渡り蟹はいい出汁がでますね~。
自分で言うのもなんですが、
レストランのスープにも退けをとらない感じでした。
ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ♪


翌日の朝食はそば粉のガレットに初挑戦!
トッピングは生ハムとチーズ、半熟たまご。
20111227_6.jpg
以前、yosukeさんから「キャンプにもいいかもですね」と
オススメしていただいて以来、
ずっとずっと「次こそは!」と思っていたのです。
パンケーキを焼くのとたいして変わらない感じで、
思っていたよりも簡単にできました。
yosukeさん、教えてくれてありがとうございました!


朝食を済ませた後は大急ぎで片付けをしてチェックアウト。
子連れでの1泊はバタバタしてしまいますね。
やっぱり2泊にすればよかった~~。


PICA富士吉田でのキャンプは初めてだったのですが、
噂どおり設備が充実していて気持ちよく過ごすことができました。
スタッフの方々も気さくで親切な方ばかり!
キャンプ場内にお風呂があるのもいいですね。
20111227_7.jpg
フロントのあるゲストハウスでは、
北欧アイテムやマリメッコ、
ムーミングッズなども販売してました。
数は決して多くありませんでしたが、
北欧好きのキャンパーさんなら、
これだけでテンション上がりますよね。


そしてこちらのキャンプ場はクリスマス期間中、
サンタクロースからのプレゼントサービスを行っていました。
チェックイン時に子どもたちへのプレゼントをフロントに預けておくと、
サンタクロースに扮したスタッフの方々が、
プレゼントを届けに来てくれるんですって!
きっと子どもたちには忘れられない思い出になるでしょうね。

我が家はこのサービスを利用しませんでしたが、
周りのキャンパーさんたちの様子を拝見したところ、
すごく盛り上がっていたようでした。
来年は絶対に利用したいと思います。



長くなりましたが最後までおつきあいいただきありがとうございました。
今日も応援していただけるとうれしいです!
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア料理へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。

家族で過ごすクリスマス


クリスマスもあっという間に終わってしまいました。
皆さんも大切な方々とステキなクリスマスを過ごされたでしょうか?

我が家は23~24日に1泊2日でクリスマスキャンプに出かけ、
25日は実家の両親を招いてクリスマスパーティをしました。
すごく楽しいクリスマスだったのですが、
ちょっと予定を詰め込み過ぎた感も……。
おかげで今日はダラダラと一日を過ごしてしまいました。


クリスマスキャンプのことも綴りたいのですが、
まずは両親を招いてのクリスマスパーティのことから。

今年のクリスマスのメニューは、
●トマトとホタテのバジルマリネ●
●自家製ライ麦パン●
●チーズフォンデュ●
●ストウブで焼いたローストビーフ●
●フレッシュベリーのショートケーキ●
20111226_2.jpg
ローストビーフは1.2kgものお肉を仕込んだにもかかわらず、
5人でペロリと平らげてしまいました!
旦那さんがお肉をカッティングしてお皿に盛ったので、
盛り付けがかーなーり雑ですがお味はなかなか◯。
個人的にはもう少しレアな感じで、
切り方も薄切りの方が好きなのですが、
家族は「おいしいねー」と食べてくれました。
ストウブで無水調理したので、
一緒に入れたお野菜が野菜本来の甘さが引き出されてすっごくおいしかったです。


チーズフォンデュは息子くんに合わせて牛乳でチーズをのばして。
今まではいつも白ワインでやっていましたが、
牛乳だとコクが出て良いですね。
これからは牛乳にしよーっと。
具材は小さく切ったバゲットのほかに、
えび、粗挽きソーセージ、エリンギ、かぼちゃ、アスパラ、ブロッコリー。
そんな中でも試しに用意したかぼちゃがヒット!
チーズの塩気とかぼちゃの甘みがいい塩梅で後引く感じ。
かぼちゃ、オススメです!


せっかくの家族ディナーなので写真もいっぱい撮りたかったのですが、
なんせ息子くんが最近それはそれはモンスターなので、
オチオチと写真も撮っていられず……。
撮っても焦って撮るからブレブレなのばっかりだし。。。
そんなわけで今回、お料理の写真があんまりありません。


ケーキはキャンプから帰ってきてから、
眠い目をこすりながらもスポンジケーキだけ作っておいたので、
ディナーの前にちゃちゃっと飾り付け。
20111226_3.jpg
息子くんが大好きなフレッシュベリーをたくさん買い込んで、
これでもかって言うくらいトッピング。
縁取りに残っていたマシュマロを使ったんですが、
「いいアクセントになってる」と家族には好評でした。

自分で作ると格好は悪いけど、
甘さ控えめにできるからお腹がいっぱいでも食べれちゃうんですよね。
20111226_4.jpg
今回は思っていたよりもスポンジもふわふわにできたので、
わたし的には満足のいく仕上がりだったかな。


息子くんもじぃじサンタからのプレゼントに大興奮し、
大好きなケーキを心配になるくらいたくさん食べて、
ごきげんな様子で眠りに就きました。


ささやかではあるけれど、
今年もこうして大切な家族と温かい食事を囲み、
和やかな時間を過ごすことができたことを幸せに感じました。
来年もこんなふうに家族でクリスマスを楽しめますように。


さて。
クリスマスが終わればお正月までは本当にあとわずか。
気持ちだけ焦って終わっていないことが山積みですが、
気持ちよく新年を迎えられるように頑張りましょ~。


クリスマスキャンプやクリスマスプレゼントのことも、
また明日以降、紹介させてください。



応援していただけるとうれしいです!
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます。
profile

7716

Author:7716
夫と息子(3歳)との3人暮らし。
北欧モノとお料理が大好きです。


ルーフバルコニーのある中古マンションを購入し、フルリノベーションしました。


その新居での暮らしや雑貨にインテリア、家族ではまっているキャンプのこと、さらに今後はベランダガーデニングについても綴っていきたいと思っています。



コメント・メッセージ、お気軽にお寄せいただけるとうれしいです。

counter
ranking
ランキングに参加しています。 応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
categories
archive
free space
links
このブログをリンクに追加
message

Name
Mail
Subject
Mesaage

wish list
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。